ゲームプログラマのエリートが世界に羽ばたく感動巨編!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.06.29 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
ロマンシングな物語 1日目
気がつくと船は港についていた。

ここはどこだ・・・
今までの記憶が無い。
かろうじて覚えていることがある。自分の名前・・・

そう、俺は・・・グレイすこい。

とりあえず街に出てみる。
見たことのない景色。いったいここで俺は何をすればいいんだ。
そんな俺に、宝塚系の顔をした女と、頭部に毛髪が無い漢がくっついてきた。最初は気のせいかと思ったが、間違いない!後を付けられている・・・
なんだコイツらは・・・なぜこんなに馴れ馴れしいんだ。
思い切って問い詰めると、どうやら俺の仲間らしい。

チェッ!せっかくの一人旅だと思ったのに・・・


とりあえず街の人々に話を聞いてみよう。

俺は近くにいた男に話しかけてみた。

・・・返事が無い。何だコイツは?

もう一度話しかけてみた。

・・・無視か?いい度胸だ。

こうなりゃこっちも意地だと、相手に突進しながら話しかけてみる。
ついに反応してくれた!俺は会話を勝ち取ったのだ。

その男は、なにかの団体の一員だと言っていた。
実に様々なことを教えてくれたが、さっきまでの記憶も無い俺に一度にそんなにたくさんのことを教えてくれても理解しきれない。

いずれ奴とは腰をすえてじっくり話を聞くとしよう。


桟橋を降りたところにいた奴に話しかけようとした瞬間、目の前が真っ暗になり、気づくと俺は街の入り口にたっていた。
なぜだ・・・どうやってここまできたんだ・・・

あたふたしていると、目の前に巨大なサイのような生き物が現れた。
よく見ると平原のいたるところに巨大なサイがいる。そして無数の穴ぼこを確認することができた。

とりあえず穴ぼこに入ってみようと思い平原を歩いていると、近くにいたサイがエクスクラメーションマークを出した気がした。
そして次の瞬間、急に変色したサイが猛然と突っ込んできた。

なんて攻撃的なんだ・・・
ここは一発、俺に刃向かうとどうなるか教えてやる!!

サイと向き合い剣を構える俺。
さきほどの宝塚とハゲ坊主も臨戦態勢だ。

俺様の『断ち切り』で成敗してくれる。
今夜はサイのステーキだ。

俺が勢いよくサイを切り裂こうとしたその瞬間、サイのほうがわずかに早く動いた。そして次の瞬間、俺の横にはハゲ坊主の無残な死体が転がっていた。

なんだ・・・これが野生の力なのか・・・


気づくと俺は一目散にその場から逃げ出していた。
ふぅ、あぶねぇ・・・

!!!!


死んだはずの坊主が俺の横でピンピンしている・・・

こいつは一体・・・
さっきのは死んだフリだったとは・・・

俺様としたことが見事に騙されたぜ。



それにしても、さっき必死に走ったせいでちょっと疲れたな。
今日はもう寝るとするか。
さっきの街に宿屋があるはずだ。そこで寝るか・・・

【2005.05.10 Tuesday 22:12】 author : どすこい
| ロマサガの詩 | - | trackbacks(0) |
ロマ詩に捧げるラプソティ
今日は任天堂が今後展開する無線通信によるアソビの提案がGameWatchに独占掲載されました。この記事から任天堂の次の戦略や提案に対してチョイチョイ考察してみようと思ふ。

が、それよりも書くべきことがあるので止めた(´ω`)


その書くべき事とは・・・


ロマンシングサガ〜ミンストレルソング〜(以下ロマ詩)買ったよ!


友達が開発に携わっていた関係もあり、前々から買おうと思っていたソフトなんですが、本日やっと購入できました。
それにしてもアレですね、このソフトは非常に良い売れ方をしていますね。


発売日の翌日に意気揚々と買いに行ったら売り切れでした。

ゴールデンウィークのお供にと思い連休初日に、意気揚々と買いに行ったらまた売り切れでした。

田舎なら売ってるだろうと、帰省中に地元の量販店にいったらまたまた売り切れでした。

そして一昨日、なんとなく立ち寄ったヨドバシカメラでもまたまたまた売り切れでした。

今日、やっと売ってる姿を目撃。即購入。


市場に蔓延している素敵な枯渇感。
こういう売れ方は、既に持ってる人間も、まだ買えてない人間もそれぞれを不思議な満足感で包むと思います。自分が欲しかったソフトに需要があることを確認する瞬間とでもいいますか。

いいですね!


発売当初は、一足先に業界デビューし、そのタイトルのスタッフロールに堂々と名を刻んだ友に心から賛辞を送っていましたが、最近、あまりにも素敵に売れているのでヲイヲイ売れ杉マジムカー(´ω`)=3修正しれっていう気持ちが僕の心の98%を占めていて毎日発狂を抑えるのに必死だったけど、さらにその売り上げに貢献してしまった自分がいる欝だ氏のう。


ともかく今日からしばらくロマ詩に浸ります。
サインクレクレ
【2005.05.09 Monday 21:32】 author : どすこい
| ロマサガの詩 | - | trackbacks(0) |
☆ 無断リンク歓迎 ☆