ゲームプログラマのエリートが世界に羽ばたく感動巨編!
<< ソニータイマーの餌食 | main | 荒ぶる神々 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.06.29 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
もうすぐアレですよ、ほら、ゲームショー。
ことしの東京ゲームショーの出展ブース配置図が公開されましたよ。


毎年思ふ。


かれこれ6年ほど前から思ふ。


なぜ任天堂は出展しないのか!!


私は別に任天堂の社員でもなければ株主でもないですけど、まいーとし思うんですよ。絶対出展するべきだと思うんですよね。

特に今年はニンテンドーDS(以下DS)が年末に発売されるのに、ここでアピールしなくていったいいつアピールするつもりなんでしょうか?

対抗馬のプレイステーションポータブル(以下、PSP)に対してよほど勝てる自信があるのでしょうか。
確かに最近の下馬評では、7:3くらいでDS有利、もしくはDSの方が魅力的という風潮があるように感じます。

東京ゲームショーでひっくり返される気がしてならない!

ただでさえアピールがうまいSCE。そして多くのサードもPSPタイトルを出展する予定が立っています。

東京ゲームショーともなると少なからず一般のマスコミュニケーションの取材が入ります。普段からゲームにあまり感心の無い人は、ゲーム情報誌なんか買わないので、実質この日の6時のニュースで初めて次世代携帯ゲーム機たちのことを知るでしょう。
そういったライトなユーザーにアピールする機会、それが東京ゲームショーだと思うんですよ。


任天堂もSCEも、そしてゲームに携わる多くの人が言っている言葉があります。

『DSとPSPはコンセプトもターゲットも違う、自然と住み分けがおこり市場は競合しない』





そんなわけないじゃないか。








そんなわけないじゃないか!!!


買わない人は買わないし、欲しい人は両方買う。そんな日和見的理論を展開して、まとめた気にならないで下さいバッド

市場の住み分けがおこるのは、あくまで濃いゲーマーたちの話。
彼らは放置しておいても、勝手にハードのコンセプトを調べ、自分の考えるゲームの姿により近いほうを選択する。

それは日本人口の何%だと思ってるのですか?


いかにDSが過去のゲームから非線形の進化をたどり、新しい遊びを提供する可能性があっても、いかにPSPが、モノクロのケータイからカラーのケータイに変わった時くらい劇的な映像進化を遂げたとしても、ユーザーからみたら、『ただの新しい携帯ゲーム機』なんだと思う。

どっちを買うかはコンセプトでは決まらない。


仮にDSで、早いタイミングからFFとドラクエの独占供給が発表されたとしたら・・・それこそコンセプトも価格も関係なく、少なくとも日本市場はDS独占でしょう。同じことがPSPにも言えるわけで。

ゲームを提供する側の人間が、『市場の競合は起こらない』とか言っちゃいけないですよ。
自分でも気がつかない間に、ユーザーを勝手に絞り込んでるんでしょうね。無意識のうちにしょんぼり



と に か く
任天堂には、どんどんアピールして、どんどん売ってもらいたいです。
DS市場を出来る限り広げておくれよ!!

タイトル作る側の為にも悲しい
【2004.09.04 Saturday 02:49】 author : どすこい
| ゲームの話 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.06.29 Saturday 02:49】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://dos-sonority.jugem.jp/trackback/21
トラックバック
☆ 無断リンク歓迎 ☆