ゲームプログラマのエリートが世界に羽ばたく感動巨編!
<< はじめてのディズニーランドカリフォルニア | main | 溶け出すストレス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.06.29 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
僕のW杯は・・・終わった

テレビの街頭インタビューで「感動した」とか「勇気をもらった」とか言ってる人が多い。

何にだ?と思う。


FIFAランキング下位の日本が上位の国に健気に向かっていく姿勢に・・・なのか?
よほど日頃から頑張って戦っている現代人が少ないとみえる。
くだらない言葉でインタビューに答える暇があったら、もっと普段からちゃんと生きろと思う。



今回のワールドカップで日本は歴史を塗り替える事ができなかった。
ただただ残念。

駒野が外したPKについて運だからしかたないという論調を見かける。
PKは運じゃない。
人生を賭けてきたプロに失礼。



かつてロベルト・バッジョはこう言った。

「PKを外すことができるのはPKを蹴る勇気を持った者だけだ」

まったくそのとおりだな・・・と思う。
同時にこうも言っている。

「PKを決めても誰も覚えていないが、外したら誰も忘れない」

なぜならプロが外すのは運じゃないから。

【2010.06.30 Wednesday 21:02】 author : どすこい
| 出来事 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.06.29 Saturday 21:02】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://dos-sonority.jugem.jp/trackback/1392
トラックバック
☆ 無断リンク歓迎 ☆