ゲームプログラマのエリートが世界に羽ばたく感動巨編!
<< 帰国 | main | どういたしまして >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.06.29 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
春先の神隠し

仕事がダルくてたまらない春のある日。
肌寒さが残り、そよぐ風が桜の匂いを漂わせる金曜日。



「そうだ、日本を離れよう・・・」



そう、ここは成田空港。





世界が俺を待ってる・・・はず。




飛行機が故障しないことをただただ願って、成田を出発。
















そしてたどり着いた先に待っていたもの・・・





それは・・・













労力士!

ろーりきし!

ロレックス!!
何でも漢字で書く国。



そう、ここは台湾










海外はテンションがグイグイ上がるね。
金曜は着いた段階でもう夜だったのですが、とりあえず軽く散歩してみました。





39元均一!

書いてあるとおり、ダイソーです。台湾には日本企業も数多く進出していました。
ちょっと街を歩いただけで、ダイソー、吉野家、牛角、和民、洋服の青山、セブンイレブン、MUJIがありました。ほとんど日本です。



散策もそこそこに、予約しておいたレストランで美味しい飲茶を食べました。






さすが、本場。
とても美味。


その後、レストランの隣のマッサージ屋で90分マッサージ全身コース(6000円)を受けて飛行機の疲れをとってもらいました。


こうして台湾初日の夜は更けていったのでした・・・・。








台湾2日目。
今日はまるっと終日自由です。

まずは電車を乗り継いで郊外にある動物園へ。






わざわざ海外で動物園?




その理由はこちら。













ドーン!



パンダ様。
そう、僕は見たことがなかったのです。
白と黒のこの生き物を。

パンダという名前は知っている。
絵に書くこともできる。
でも、本物を生で見たことは一度もありませんでした。

生まれてから死ぬまでに一度も本物のパンダを見ない人もいっぱいいるでしょう。
それはそれで一つの生き方だし、パンダを見たことが無いからといって、大きな損害がでることもありません。パンダを見ることが偉いとも、パンダを見たことが無いことが劣っているとも考えていません。

ただ・・・俺は見た。





グッズもいっぱい売ってました。さすがパンダ様。


時間が無いので動物園では一目散にパンダを見てすぐに退園しました。
パンダと、パンダのとこに行く途中にいたコアラとよくわかんない猿だけ見ました。



これは動物園の中にあったうんこです。



悠長にしている暇はありません。
すぐに台北に戻ってきて、今度は台湾のランドマーク。超高層ビル「台北101」に登りました。





高い!




台北101の地下にあるフードコートでご飯タイム。
牛肉ラーメンです。

ここで食事をしていたら、台湾人が話しかけてきました。
中国語で。
見た目、全然区別ができないので仕方ありません。
中国語しゃべれないというジェスチャーをしたら英語に切り替えてくれました。
なんのことはない、ラーメンどこで買ったの?という質問でした。

異文化コミュニケーションはいいもんです。



台北101を後にして、台湾で有名なかき氷のお店へ移動。
フルーツいっぱいのかき氷は台湾名物でもあり、とても美味しかったです。






動物園、台北101、かき氷屋と色々まわり、時刻は夕方に。
そしていよいよ今回の旅行最大の目玉である場所へ行くべく、長距離電車に乗りました。
特急とか色々あるのですが、システムがわからずここは苦労しました。
さぐりさぐりなんとか電車に乗って1時間、一路「九份」へ。








そう、ここは九份。











これを見よ!!!!!!











ここで働かせてください!




千と千尋の神隠しのモデルとなった街、九份。
幻想的な街並みを歩きながら、美味しい高級中国茶を飲みました。
ほんっとに素晴らしい場所だった。必見。

日もとっぷり暮れて、また電車に揺られて台北のホテルに帰ってきました。
非常に充実した1日。疲れもピークに達したので、また昨日と同じマッサージ屋さんに行って身体をほぐしてもらいました。



いよいよ最終日。
2泊3日は短過ぎると痛感していました。
今日は何もなく、ただ空港から成田へ戻るだけの日です。

そんな中、偶然見つけた最後の一枚。





台湾の任天堂の何か。






台湾は、民度も高くて、物価も安くて、コンビニの店員も日本語が話せる、とても過ごしやすい国でした。
また行きたいでし。

【2010.04.15 Thursday 22:57】 author : どすこい
| おでかけ | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2013.06.29 Saturday 22:57】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://dos-sonority.jugem.jp/trackback/1357
トラックバック
☆ 無断リンク歓迎 ☆